平成16年報恩講平成17年報恩講 | 平成18年報恩講 |平成19年報恩講黄金の華研修
                    浄信寺報恩講平成18年記録    2006(平成18)年11月9日(木) 勤修
         The Record of the Hoonko Services  
  韓国の慶州国立博物館に、韓国最大の銅鐘 高さ3.7M 重さ19トンの聖徳大王鐘(別名エミレーの鐘)が保存されています。今から1300年ほど前この鐘の鋳造に、係わった鋳工のかしら下典(加典)にまつわる悲しい伝説。それが、この節談説教『加典兄妹』の主題です。今も鐘の音色は、【エミレー(お母さん)】と聞こえるそうです。
 『南无阿弥陀仏』(仏法)を、どう聴聞するのか、或いは
自ら、どう聞こえるのか?それをこの節談説教は教えている気がします。
 この『加典兄妹』は、能登の大谷派満覚寺の住職広陵兼純師の同名のCDから羽塚孝和が、独学で習得したものです。また報恩講で収録したものですので、耳障りな音声も録画されています。サバーの容量の関係で、画面が小さいので、テロップが見にくいかも知れません。
ご希望の方には別途DVD又はCDでお送りします。
 
                         ■ 参考リンク節談説教関連案内
                            浄信寺ホーム・ページへHP                        メール→